スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防犯パトロール助成金 こども110番 自営業 国民年金 農家 土地財産 生活保護 議員の口利き 閑・有閑

生活保護を受けるための8つの条件 NEVERまとめ
生活保護申請基準
http://matome.naver.jp/odai/2133006901890627201
より引用



世帯主である

申請者本人が独立した世帯の世帯主で有る必要があります。

また扶養家族がいる場合は、無収入の子供、無年金の老人である必要があります。
お気に入り詳細を見る 働くことができない




働くことができない

世帯の各員が働くことができない、又は収入が非常に少ない必要があります。働ける状況にありながら、働くつもりのない人は、生活保護を受けることはできません。

ただし、働くつもりはあっても、病気などなんらかの理由で働くことができない場合は、この限りではありません。また65歳以上の方に対しても、労働を求めることはありません。
お気に入り詳細を見る 貯金がない





貯金がない

申請時に貯金がなく、現金もほぼ皆無である必要があります。また支給される保護費を貯金にまわすことは原則的にできません。
お気に入り詳細を見る 資産を持っていない





資産を持っていない

貯金だけでなく、車や不動産や積立型の生命保険なども資産とみなされます。また、処分することが困難なものについては、一定の条件のもと保有が認められています。

生活保護 資産が認められる場合
http://seikatuhogo.info/archives/3915







経済的援助を受けられる親族がいない

生活保護を受けるためには、能力、資産、その他あらゆるものを活用する必要があります。

また、親族の援助は受けたくない、という理由で生活保護を受けることは認められません。






多額のローンを抱えていない

生活保護費からローンの返済はできません。

ローンの残っている住宅などがある場合は、まずはそれを売却しその費用を生活費に充て、なお生活の見通しが立たない状態になってからあらためて申請をする必要があります。
お気に入り詳細を見る 借金をしていない





借金をしていない

借金があったとしても申請は出来ますが、原則的に生活保護で借金返済をすることはできません。

多くの場合、借金返済の期間延長、一時停止、破産手続きを勧められます。
お気に入り詳細を見る 今現在生活に困窮している





今現在生活に困窮している

生活保護を受けるためには、世帯人数ごとに国が規定した最低生活水準収入以下の収入しかない、または無収入である必要があります。

最低生活費の保障例(横浜市)
❝平成23年度の基準(平成23年10月1日~)では、標準3人家族(夫33歳、妻29歳、子4歳)の場合、最低生活費(生活・住宅扶助費)は241,970円になります。❞

横浜市 健康福祉局 保護課 生活保護制度
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/hogo/hogo.html








申請時に必要な書類

・生活保護申請書

最低限、この書類だけあれば生活保護の申請をすることはできますが、通常はこの他に

・資産と収入の申告書
・各機関や扶養義務者へ調査を行うことの同意書
・扶養義務者の住所や連絡先を書いた一覧表
・賃貸契約書や登記簿謄本
・車検証
・銀行の通帳の写し
・年金や生命保険の証書

などの書類が必要なってきます。
お気に入り詳細を見る まずは区役所、市役所、福祉事務所など、各自治体の生活保護担当の窓口まで相談をしに行き、必要な書類を聞いてみるといいと思います。





生活保護資産が認められる場合
http://seikatuhogo.info/archives/3915

宅地資産保有の容認要件

宅地

(1) 当該世帯の居住に用いる家屋に付属した土地で建築基準法第52条・53条に規定する必要な面積

(2) 農業その他の事業の用に供される土地で、事業遂行上必要最少限度の面積

田 畑?

ア 当該地域の農家の平均耕作面積、当該世帯の稼動人員等から判断して適当と認められるもの

イ 世帯員が現に耕作しているか、おおむね3年以内に耕作することにより世帯の収入増加に著しく貢献するようなもの

山 林/原野?

ア 事業用(植林事業を除く)、薪.炭の自給用、採草地用として必要なものであって当該地域の低所得世帯との均衡を失しないもの

イ 世帯員が現に利用しているか、おおむね3年以内に利用することにより世帯の収入増加に著しく貢献するようなもの

※処分価値が利用価値に比して著しく大きいと認められるものは保有が認められない。○ア、○イについては、この要件をいずれも満たすことが必要である。






************************************************************************************************************



政府広報オンライン
障害者年金
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201201/2.html
より引用





障害年金が支給される「障害の状態」とは

障害年金が支給される「障害の程度」については、「国民年金法施行令」および「厚生年金保険法施行令」によって障害等級(1~3級)の基準が定められています。

※身体障害者手帳の等級とは異なります。


障害等級

法律による定義

具体的には


1級
身体機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの 他人の介助を受けなければ日常生活のことがほとんどできないほどの障害の状態です。身の回りのことはかろうじてできるものの、それ以上の活動はできない方(または行うことを制限されている方)、入院や在宅介護を必要とし、活動の範囲がベッドの周辺に限られるような方が、1級に相当します。

2級
身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活が著しい制限を受けるかまたは日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの 必ずしも他人の助けを借りる必要はなくても、日常生活は極めて困難で、労働によって収入を得ることができないほどの障害です。例えば、家庭内で軽食をつくるなどの軽い活動はできてもそれ以上重い活動はできない方(または行うことを制限されている方)、入院や在宅で、活動の範囲が病院内・家屋内に限られるような方が2級に相当します。

3級
傷病が治らないで、労働が著しい制限を受けるか、または労働に制限を加えることを必要とする程度のもの 労働が著しい制限を受ける、または、労働に制限を加えることを必要とするような状態です。日常生活には、ほとんど支障はないが労働については制限がある方が3級に相当します。


障害手当金
傷病が治ったもので、労働が制限を受けるか、労働に制限を加えることを必要とする程度のもの







障害年金を受けるには、本人からの支給申請が必要です

障害年金の支給を受けるには、本人またはご家族による年金の支給申請の手続きが必要です。なお、障害年金の手続きは複雑ですので、手続きを行う前に、日本年金機構の「ねんきんダイヤル」(ナビダイヤル0570-05-1165)に電話するか、年金事務所や街角の年金相談センターなどに赴いて、事前に相談することをお勧めします。相談の際は、障害年金を申請する方の基本的な要件のほか、病歴や障害の状態なども確認しますので、基礎年金番号が分かるものや障害の状態に関する資料をお持ちください。

相談後、障害基礎年金はお住まいの市区町村役場または年金事務所、障害厚生年金はお近くの年金事務所に、「年金請求書」と添付書類を提出して、請求の手続きを行いましょう。初診日からの病歴や年数、障害の原因となった部位、配偶者の有無などによって、添付書類は異なりますので、年金事務所などに相談したときに確認してください。年金請求書の提出後、日本年金機構で障害の状態の認定や障害年金の決定が行われます。支給が決定した方には、日本年金機構から、年金決定通知書と年金証書が送付され、その後1~2か月で障害年金の支払いが開始されます。

障害年金の支給が開始されて以降、障害の状態が変わったときには、その障害の程度に合わせて年金額が変更されます。年金額の変更は、障害の状態の確認が必要な方には提出指定年に障害状態確認届(診断書)を送付し、診査により年金額の改定が自動的に行われるほか、障害が重くなったときは、本人の請求により、請求された月の翌月分から年金額が変更されます。








***********************************************************************************************************************************************





地域防犯パトロール活動に対する助成(大田区)
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/chiiki/bousai/kikikanri/patrol.html
より引用


 安全で安心して暮らせるまちづくりのために、「防犯パトロール活動」をしている自治会、町会、PTA等の団体に対して、経費の一部を助成します。

助成の概要

対象団体

 定期的に「防犯パトロール活動」をしている、またはこれから始めようとしている自治会、町会、PTA等で、次の要件を満たす団体。
1.初めて申請する団体。
2.以前に助成を受けてから、3年以上経過した団体。
3.着脱式の青色回転灯を装着した車両により、防犯パトロールを実施する団体。

対象活動

 年間を通じて月1回から2回以上の、定期的な防犯パトロール活動。ただし、自治会、町会、PTA以外の団体の場合は、6ヶ月以上の活動実績が必要です。

対象経費
1.防犯パトロール活動に使う物品等(パトロール用ジャンパー、帽子、腕章、パトロールライト、ステッカー、のぼり旗、防犯ブザー等)の購入費。
2.車両に装備する着脱式青色回転灯の購入費。及び、パトロールに使用した青色回転灯装備車両の燃料費。

助成額

1. パトロール物品等購入費(初めて申請する場合)
 1団体につき1回限り、上限10万円(千円未満端数切り捨て)。
 新規の助成金の交付を受けた団体は再申請できません。

2. パトロール物品等購入費(以前にも助成を受けている場合)
 1団体につき前回助成を受けてから3年以上経過で上限3万円(千円未満端数切り捨て)。

3. 着脱式青色回転灯購入費用
 1団体につき1回限り、上限1万5千円(千円未満端数切り捨て)。

4. 青色回転灯装備車両燃料費
 1団体につき、年1回上限3万円。

申請のながれ
申請の受付けは年3回を予定しています。
申請書の配布、受付は、自治会及び町会については各特別出張所、PTA及び地域団体については防災課が担当します。
申請には「助成金申請書」「活動報告書」「内訳書」の提出が必要です。また、助成金の交付には「助成金請求書」の提出が必要です。
原則として、受付けの締切り後1ヶ月以内に交付決定通知書を発送し、口座振込みにて助成金を交付します。
助成を受けた団体には、申請の翌年3月中ごろまでに、実績報告書を提出していただきます。
申請受付期間

   ○第1回 6月2日(月曜日)から6月30日(月曜日)
   ○第2回 9月1日(月曜日)から9月30日(火曜日)
   ○第3回 12月1日(月曜日)から12月26日(金曜日)

申請書類等

助成金交付申請書等(PDF:169KB)

助成金交付申請書等(Word:202KB)

記入例(新規)(PDF:261KB)

記入例(継続)(PDF:259KB)

記入例(青パト回転灯)(PDF:251KB)

記入例(青パト燃料)(PDF:253KB)

注意事項
夏季、歳末、防犯週間のみのパトロール活動は助成の対象となりません。
助成の対象となる物品等はあらかじめ購入していただき、申請の際に領収書のコピーが必要となります。ただし、単価が2万円以上の物品は全て対象となりません。
ジャンパー、ベスト、帽子、腕章等の装備品には、目的がはっきり分かるように「防犯」、「地域安全」、「防犯パトロール」等と名入れしてください。団体名のみ記名した装備品は、助成の対象となりません。
他に助成の対象とならない経費として、次のようなものがあります。

   ○一般的に防犯パトロール活動では使用しない物品
   ○防犯等に関するポスター、チラシなどの印刷代
   ○飲食等に要した経費
   ○活動中の事故等にかかる傷害保険料等の経費

平成25年度までの申請団体数
自治会、町会 183団体
PTA 80団体
地域団体 12団体


************************************************************************************************************************


集団ストーカー・ガスライティング犯罪をご存じですか? 
http://gaslighting.blog.fc2.com/
より引用


ある方とのネット上のやりとりをまとめました。
地域の『見守り事業』に集団ストーカーが蔓延しているとのこと。

●『地域での見守り』というのは綺麗事で、やっている事は『集団ストーカー』が対象者(俗にいう集団ストーカー被害者ら)にガスライティング行為をしているのが実態。不祥事の隠蔽や対象者に罪をなすりつけ犯罪者に仕立て上げていたり。

●住民基本台帳データにより『児童が含まれる世帯』『高齢者世帯』『障害者世帯』『生活保護受給世帯』『住民税非課税の低所得世帯』である場合は全て行政側から《見守りの対象》とされ、実質公務員から監視される対象になる。

●対象世帯になると、“指導用”として自治会の幹部や民生委員、保健所等に個人データが流されるという図式。複数の管轄からターゲットにされる場合もあり、派閥(管轄・組織・団体)の抗争も多い。

●公務員が指導と称し日常的に嫌がらせしている。神隠しのような事件も各地で発生している。

●嫌がらせ、つきまといに加担するのは、公務員は常勤、非常勤問わず、政治や宗教関係、医療機関や入所施設、宅配サービス系の関係者が多い。

●入院や施設入所、成年後見人、任意代理人選任では利権が絡んでいる。配食サービスや新聞購読、生命保険なども同様で顧客の確保が主な目的。さらに施設入所などで補助金や助成金なども得られる。

●特にいわゆるアカ系とソーカ系がいつもこんな派閥争いをしている。

●松戸市はマッドシティと言われほどでカンパ・募金などの集金関係は母さん助けて詐欺並みにタチが悪い。狙われるのは老若男女を問わない。


********************************************************************************************************************************






DSC00287.jpg

写真は、2014年5月16日 午前7:54分 撮影



DSC00288.jpg

写真は、2014年5月16日 午前7:55分 撮影





DSC00290.jpg

写真は、2014年5月16日 午前8:20分 撮影



DSC00294.jpg

写真は、2014年5月18日 午後13:34分 撮影




DSC00293.jpg

写真は、2014年5月18日 午後14:51分 撮影




DSC00292.jpg

写真は、2014年5月18日 午後15:04分 撮影





DSC00295.jpg

写真は、2014年5月19日 午前7:38分 撮影


DSC00298.jpg

写真は、2014年5月20日 午後17:49分 撮影



DSC00305.jpg

写真は、2014年5月26日 午後16:56分 撮影



DSC00307.jpg

写真は、2014年5月28日 午後13:19分 撮影




DSC00313.jpg

写真は、2014年6月2日 午前7:45分 撮影




DSC00314.jpg

写真は、2014年6月3日 午前9:55分 撮影






スポンサーサイト
プロフィール

Author:chanchanko
つい最近、集団ストーカーなる不思議な世界を知りました。

創価学会員に囲まれた生活を、何気なく何十年ものほほんと暮らしている現在。

いまの職場にも、住んでるところにも学会員が、、、

プロ市民とよばれるガスライティング犯罪の指導員クラスがわたしの周りにふつうにいるという驚き。

最強の、自殺強要ストーキング包囲網にかかっているという現状。

この方々の実態を知らずに生きて来た人生に驚嘆。

よく考えると、私が小学校のころ、母が創価学会に入信を迫られ断ったことが始まりではないかと思います。
母の話だと、”おおぜいの人に追っかけられた”と申しておりましたし”怖かった”とも。

曲がったことが嫌いな性格が逆に仇となって現在にいたります。

集団ストーカー犯罪は、絶対許せません。

わたしの場合は、不正行為隠蔽がそうとう影響しています。

以前にとある会社に務めていたころ、労働安全衛生法の相談を、労働基準監督署に相談した件の記録がなくなっていると最近知りました。

そういえば、それ以降なんとなく求職活動が思うようにいかないなと感じていましたし、ようやく勤めた会社で変なことがたくさんあったりとなんとなく前のあの会社の影響かなとは感じてはいましたが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。